引越しで慌てないために!ソネット光の継続手続きガイド

引越しをして住まいを変えるとなると、引越し先を決めて、契約をして、引越し業者を手配して、荷物をまとめて…ほんとうに沢山の手続き、手配、作業が必要ですよね。

そして今や水道・電気・ガスなどのライフラインと同じくらい無くてはならないインターネット。今あなたがソネット光を契約中である場合、引越しをして新しい住まいでも引き続きソネット光を利用できるように手続きが必要ですね。

ソネット光はじめ、インターネット光回線ははじめの開通手続きが住むと、支払いも自動化されてるしパッと引越しの手続きの連絡先などがわかりづらいですよね。

手続内容がわからないとついつい連絡をするのが後手後手に…気がつけば引越しギリギリ!

なんてことにならないように、引越しをすることが決まった人だけではなく、当面引越しの予定がなくても、一度転居の際の継続手続きについて知っておくことをおすすめします!

ソネット光引越し手順

手続きに必要なものを準備する

引越しの際の手続きには新しい住所が必要です。なので早めの手続きには少なくとも新居が確定することが必要です。

ソネット光は開通契約をしたときにSo-net会員登録が行われています。So-netのwebサイト上にマイページがありますので、もし自分のID・マイページがわからなくなってしまった場合、マイページから契約者情報を確認することができます。引越し先の固定電話番号ですが、決まっていない場合は新居の近隣にある店舗の番号でも可能です。

So-netマイページから引越し手続きの申し込みをする

webサイト上のSo-net会員マイページへ、ユーザーID・パスワードを入力しログインします。

ソネットマイページから引越手続きへすすむ

「その他の設定・お手続き」の欄から「お引越しのお手続き」へすすみます。

以降の画面操作の手順をまとめました。

機器返却・撤去工事の手続きを行う

So-netより、ご希望の撤去工事の日程と移転先の工事日などについて電話連絡がきます。引越し前の住所へ返却用伝票が送付されますので、レンタル機器を返却してください。

NTT工事担当者より撤去工事についての電話連絡があり、回線撤去工事を実施されます。無派遣廃止の場合、連絡はありません。また撤去工事は立ち会いが必要な場合があります。

引越し先の開通工事を行う

NTT工事担当者から工事日当日の訪問時間帯や工事実施の確認のための電話連絡があります。

NTT東日本・NTT西日本から派遣される工事担当者が、ご自宅に伺います。自宅内で工事が発生するため、立ち会いが必要です。当日1-2時間で完了します。

インターネット接続

「回線移転・回線タイプ変更工事完了のご連絡」のメールが届きます。必ずSo-netの接続IDにて、パソコン・端末装置の設定を行ってください。

ソネット光引越し手続きでの注意事項

現在「auセット割」をご利用中の場合

auの登録情報を引越し先へと変更し、移転先の回線開通後に別ウインドウで開くSo-netサポートデスクで「So-net 光 コラボレーション×auセット割」を再度申し込みする必要があります。

ソネット光の引越し手続きにかかる費用(キャンペーン開催中)

同一エリア内

・戸建てタイプ、マンションタイプ

「So-net 光 コラボレーション」をご利用中で、同じエリア内に引越しをする方は、回線工事費がお得になります。

回線工事費 24,000円 →9,000円

エリアが異なる場合

「So-net 光 コラボレーション」をご利用中で、異なるエリアへ引越しの場合は、今なら工事費相当額のキャッシュバック特典があり、大変お得です。

・戸建てタイプ、マンションタイプ

事務手数料 800円
回線工事費 24,000円 →
毎月800円割引×30カ月
(合計24,000円割引)

※工事費相当額のキャッシュバック特典は、30カ月の定期契約の「So-net 長割 for 光コラボレーション」への加入が必要です。契約更新月以外に解約(退会およびコース変更を含む)した場合、一部のコースへ変更する場合を除いて7,500円(不課税)の解約金がかかります。

ソネット光の引越し手続きまとめ

以上がソネット光を引越して移転手続きする際に必要な手順です。

ソネット光開通時のSo-net会員ID/パスワードが必要ですが、web上で手続きを行えるのは、サポートデスクの営業時間を気にする必要がないので便利ですね。また移転工事費も現在はキャンペーンが開催中なので大変お得です。

引越しシーズンは移転工事が大変混み合いますのでお早目の手続きを!

「ソネット光徹底解説」関連記事

MENU