料金の見直しに!ソネット光の請求の確認方法とキャンペーン利用術

料金見直しも大事!ソネット光の請求の確認方法とキャンペーン利用術

So-net 光 コラボレーション回線のメリットの一つは、「ソネット光が光回線とプロバイダの両方を提供しているので、料金の支払い手続きが一括で楽!という点です。

いままでフレッツ光などのインターネット回線を利用している場合、光回線とプロバイダの請求元がバラバラなので、請求書での支払いが煩わしかったり、両方で一体毎月料金がいくらになっているのかがわかりづらい部分がありました。

ソネット光では毎月の請求額がいったいいくらかかっているのか、内容を簡単に確認する事ができます。

インターネット回線の費用を少しでも安くしたいと考えた時に、まず必要なのは毎月の利用料金にいくら支払いをしているかを把握することです。毎月同じ額なのでつい明細の確認を省きがちですが、もしあなたが加入している有料オプションの中で見直しができたり、知らなかったキャンペーンを利用することもできるかもしれません。

ソネット光に申し込みした場合の、料金確認の方法と、利用料金がさらにお得になるキャンペーンをご紹介します。

ソネット光 So-net会員マイページ上で料金確認をしよう

料金請求画面までの見方

・So-netマイページへログインをする

・マイページトップ画面から「ご請求料金一覧」へ

はじめのページでは、ソネットの毎月の請求内容のうち過去3ヶ月分が表示されます。

すでに支払い済みの部分、翌月繰越の部分は表示がグレーに変わっています。

下記の「支払状況一覧」で過去6ヶ月分の請求料金とお支払い状況が確認できます。

各請求月の行にある「明細」ボタンから、利用したサービス内訳が確認できます。

また、右下部分の「過去分を見る」ボタンから最大2年分の請求内容が見れます。

・請求明細画面

利用したサービスの内訳が確認できます(「内訳」ボタンから詳細へ進みます)。

その前月から繰り越した請求分がある場合も併せて表示されます。

※請求明細を印刷する場合は、右上の「印刷用ページの表示」ボタンから印刷できます。

郵送で内容を確認したい人向けのサービスあり ※ただし有料

So-netマイページでの料金の請求明細から印刷することもできますが、自宅にプリンターが無いなどの場合は料金の明細書の発送の手続きを行うことで、毎月自宅に明細書が届くようにすることができます。ただし明細書の発送は自動口座振替で申し込みの有料サービスになります。

自動口座振替サービスは200円(税抜)/月の手数料がかかります。請求明細書を発行する場合、この手数料が300円(税抜)/月になります。すこしでもソネット光にかかる費用を節約したい場合は、So-netマイページ上で料金請求内容の確認をすることをおすすめします。

・So-netマイページ上で「請求明細書発行設定」を「請求明細書発行あり」に変更が必要です。

・自動口座振替サービス・請求明細書サンプル(圧着はがき)

・自動口座振替サービス・請求明細書サンプル(封書)

※明細数が多い場合は封書になります。

ソネット光お得なキャンペーン【auスマホに切り替えた人必見】

ここまでソネット光の料金について、毎月の利用状況の明細確認のやり方をご紹介しました。

ソネット光では毎月の料金がさらにお得になるキャンペーンを開催しています。

auスマホ・ケータイを利用している人は「ソネット光×auセット割」で月額料金から最大1200円引き!

これからソネット光を申し込みする人、もしくはソネット光を利用中にauへスマホ・ケータイのキャリアを変更した人にぜひおすすめしたいキャンペーンです。

「auセット割×So-net 光 コラボレーション」に申し込みすると月々のSo-net光回線の月額利用料金が最大1,200円割引となります!

単純計算で1年で14,400円!節約できるんです。自宅のインターネット回線をSo-net光で申し込みをする+スマホ・ケータイのデータ定額・パケット定額をセットで利用することが条件です。

そしてSo-net光を申し込みする場合は、同じく割引キャンペーンの「So-net 長割 for 光 コラボレーション」も利用できます。

この2つの割引サービスを合計するとなんと毎月の光回線月額料から最大1,700円が割引されます。

利用機器:auスマートフォンの場合

au機器の契約プラン 割引額
・データ定額5/8/10/13/20/30
・データ定額5(V)/8(V)/10(V)
/13(V)/20(V)/30(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
月額料金
1,200円割引
・データ定額1/2/3
・データ定額1(V)/2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・シニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
月額料金
500円割引

利用機器:auタブレットの場合

au機器の契約プラン 割引額
・LTEフラットforTab/Tab(i)
・LTEフラットforTab(L)
・LTEフラットforDATA(m)
・LTEダブル定額forTab/Tab(i)
月額料金
1,200円割引

利用機器:auケータイの場合

au機器の契約プラン 割引額
・電話カケ放題プラン(VK)
+データ定額
5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
月額料金
1,200円割引
・電話カケ放題プラン
(ケータイ・データ付)
・電話カケ放題プラン(VK)
+データ定額
2(VK)/3(VK)
月額料金
500円割引

まとめ

今現在、フレッツ光やADSL回線を利用していて、これから光回線へ変更したい人は光回線+プロバイダをまとめて手続きできるソネット光をおすすめします。

ソネット光を申し込みする時には併せてお得なキャッシュバックキャンペーンを行っていますので、ぜひキャンペーン情報もご覧ください。

「ソネット光徹底解説」関連記事

MENU