ソネット光の無線LANルーター利用方法は?レンタルできる?サービス申込方法と料金

So-net光 コラボレーション(ソネット光)をはじめインターネット回線を自宅で利用している方の多くは、LANケーブル(有線)でPCをつなぐだけではなく、無線LANルーターでWi-Fi接続を行いネット接続をしています。

光コラボレーション回線ではその無線LANルーター機器のレンタルを行っており、申し込みをした人がより手軽に開通ができるようなサービスが提供されています。

ソネット光でWi-Fi接続を行いたい場合、利用方法はどのようなものがあるのでしょうか?他回線のように無線LANルーターのレンタルサービスはあるのでしょうか?

結論からいうと、ソネット光で無線LANを利用するには、2通りの方法があります。

無線LANルーターのレンタルサービスは『無線LANオプション』一定条件のもと利用することが出来ます。

今回はソネット光でWi-Fi接続をする上での、無線LANルーターサービスの申し込み方法をご紹介していきます。

ソネット光 無線LANルーター申し込みの条件とは?

ソネット光コラボに電話加入時のみ無線LANオプションが利用できる

先程、ソネット光で無線LANルーターレンタルは「一定条件」のもと利用できるとご紹介しました。
その条件とは『ソネット光 コラボ電話に加入する』というものです。

ソネット光では、Wi-Fi接続を行う際に「無線LANオプション」サービスを利用します。
無線LANオプションを利用するには、対応した機能のホームゲートウェイを使用する必要が有ります。
現在ソネット光では光電話サービスに対応したホームゲートウェイのみ、機能の中に無線LANカード機能が備わっておりWi-Fi接続に対応しています。

ですので無線LANオプション対応のホームゲートウェイを送ってもらうためには、「ソネット光 コラボ電話」に加入する必要があるんですね。

ホームゲートウェイ料金表

回線種別 ご利用形態 月額利用料
東日本エリア
So-net 光 コラボレーション (戸建) /
So-net 光 コラボレーション (マンション) 1G
1G対応無線LANルータ 300円
無線LANカードを追加する場合
(2枚目以降1枚ごと)
100円
東日本エリア
So-net 光 コラボレーション (戸建) 100M, 200M
西日本エリア
So-net 光 コラボレーション (戸建) /
So-net 光 コラボレーション (マンション)
無線LANカードを利用しない場合 無料
無線LANカードを利用する場合 100円
無線LANカードを追加する場合
(2枚目以降1枚ごと)
100円
東日本エリア
So-net 光 コラボレーション (マンション) 100M, 200M
無線LANカードを利用しない場合 無料
無線LANカードを利用する場合 100円
無線LANカードを追加する場合
(2枚目以降1枚ごと)
100円

光コラボ電話に加入したくない場合は?

もし、ソネット光をこれから利用する場合に「光コラボ電話は全く必要がないから加入するつもりが無い…」という人は、自身で無線LANルーターを購入し設定を行い、Wi-Fi接続をする必要があります。

自身で無線LANルーターを用意するメリットとしては、機器に費用がかかってはしまいますが予算・機能面を自分で納得のいくものを選ぶ事ができます。またもしインターネット回線の契約を変更する、ということになっても手元に無線LANルーターが残るので、次の回線も機器が対応していれば設定・接続の手間が軽減されますね。

auスマホ・ケータイをご利用中ならスマートバリューキャンペーンが適用されるのでむしろお得に!

自宅のソネット光回線を無線でつなぎたい…けれど必要のない光コラボ電話まで月額料金を払うのは嫌だなあ…と考えている人で、もしスマホまたは携帯電話のキャリアをauで契約している場合は、電話の月額料金以上にお得なキャンペーンが利用できます。

『So-net光×auスマートバリューサービス』キャンペーンです。

このキャンペーンを申し込みした場合、スマホ・ケータイの月額料金が最大で2年間、毎月2,000円割引にもなるという非常におすすめなキャンペーンです。

『So-net光×auスマートバリューサービス』キャンペーンの適用条件として、『ソネット光』と一緒に『ソネット 光 コラボ電話』のサービスが加入が必要となってきます。

ソネット光のホームゲートウェイ利用で自宅内のWi-Fi接続を行いたい方はこちらのキャンペーンと合わせて利用すれば、かえって毎月の通信費がお得になりますので是非おすすめです。

「ソネット光徹底解説」関連記事

MENU